MITAME

フィットネスで使えるウェア

フィットネスで体を動かしたいという人は多いともいますが、フィットネスの運動効果を高めるためにはウェアの選び方が重要です。行うトレーニング内容に合うウェアはたくさん販売されており、様々な基準によって選べます。

内容に合わせたウェア選びをすることが怪我などをしないためにも、トレーニング効果をしっかり発揮させるためにも大切です。

フィットネス向きのウェアの基準

フィットネスを始めるためにまず必要となるのがウェアです。動きやすい服装であれば運動はできますが、必要な機能がなければトレーニング効果が思うように出なかったり、疲れやすく怪我のリスクも高くなります。怪我をしないためにもウェア選びは重要です。

まず、ウェア選びの基準となるのが伸縮性です。トレーニングをするときに欠かせない機能とも言えます。運動をするとなるとついシャツやズボンに注目しがちですが、インナーにも気をつけて選んでいきます。ブラトップやスパッツなどに伸縮性がなければ思いっきり動けず、トレーニング効果もあまり出なくなってしまいます。

トレーニングをすると汗が出るため、吸水性も重要です。かいた汗を放っておくとウェアが吸い取って肌にまとわりつき不快になるばかりではなく、汗が冷えると体温が下がってしまいます。それを避けるためにも、よく汗を吸う吸水性が高い素材であることと、すぐに汗を乾かす速乾性を兼ね備えた素材のものを選ぶことが大切です。

また、こもった熱を発散させる通気性を兼ね備えていることが理想的です。体温上昇したままだと体力を消耗してしまったり、体が蒸れてしまいます。通気性があればそれを防ぐことができ、不快感を軽減して気持ちよく体を動かせます。

手持ちの服から選ぶときには

フィットネスで行える運動は色々なものがあります。その運動に合わせたウェアを着用することで、より高いトレーニング効果を得られるようになります。女性に重要なのがスポーツブラです。カップ付きのトップスを着て運動をする人もいますが、運動をした際に胸が揺れたりすると衝撃で胸を支えているクーパー靭帯や毛細血管が切れてしまうこともあります。

そんな状態を避けるためにも胸をしっかりホールドできる質の良いスポーツブラを着用することが重要です。また、動いたときに下着が見えてしまう可能性のある足元が開きすぎたり、ショーツが透けるような色や素材は避けるようにします。

手持ちのスポーツウェアやジャージから選ぶというときには、スポーツに合わせて服を選んでいきます。ヨガなどを行う場合には、体勢によってジッパーや金具に当たってしまうため硬さのある飾りがついているジャージなどはなるべく避けます。

また、フリルやリボンなどがついた服は体と体の間に挟まってしまうこともあるため着ない方が良いとされています。フードがついているパーカーを着て運動をすることもありますが、ヨガなどの動きをする運動では顔や首に当たったりして邪魔に感じてしまうこともあるため注意が必要です。

フィットネス内容ごとの選び方

フィットネスでは様々なプログラムが行われています。ゆっくり行う運動や激しく動く運動など色々なプログラムがあるため、それにあったウェアを選ぶことが効果的です。近年人気のフィットネスがヨガです。ヨガはゆっくりした動きと深い呼吸が特徴的な運動ですので、動いたときに邪魔にならず、呼吸がしにくいウェアを選びます。

体にフィットするレギンスや足を出したくない場合には余裕のあるサルエルパンツなどを選ぶとリラックスして取り組めます。トップスはポーズの妨げにならないTシャツやタンクトップなどがオススメです。ホットヨガの場合には汗を掻くため、吸水性と速乾性のある素材のウェアを選ぶのも気持ちいい運動につながります。

よく行われるのがランニングやウォーキングです。

室外でも室内でもできる運動ですので、速乾性のあるTシャツやハーフパンツがオススメです。室外で行う場合にはスポーツタイツやランニングジャケットなどを選ぶことで温度の調整を行えます。

また、ウェアだけではなくシューズ選びをきちんとすることがポイントです。フィットネスは男女ともに速乾性Tシャツ、ハーフパンツ、ランニングタイツなどが基本的な運動するときのウェアです。重要なのは気持ちよく動けるかどうかですが、周りに不快感を与えないためにも下着の透けない色や柄を選ぶことも重要となります。

シューズ選びも重要

フィットネスウェアというと服にばかり注目しがちですが、運動をする場合にはシューズ選びも重要です。

スポーツジムなどは意外とシューズの脱ぎ履きが多い場所です。更衣室やストレッチ、トレーニングマシンなどによってなんども脱いだり履いたりするため、脱ぎ履きしやすいシューズを選びます。また、足に負担をかけないためにはクッション性のあるフィットネスシューズを選ぶこともオススメです。

シューズを選ぶ場合には、サイズが合うものを選ぶことが大切です。サイズの合わない靴を履いていると靴擦れなどのトラブルを起こしやすくなり、運動効果も減ってしまいます。運動に集中するためにもサイズのあった靴を選ぶことで負担なく動けます。

マタニティ用のウェアとは

運動は通常の健康な状態ばかりではなく、妊娠中に行うケースもあります。妊娠中にフィットネスを利用するときもウェア選びは大切です。マタニティ用のフィットネスプログラムは基本的に冷えないようなウェアを選ぶことがポイントとなります。

マタニティ用のレギンスやゆったり着られるルームウェア、動いたときにお腹の見えない長めのTシャツ、チュニックなどが良いとされています。インナーも重要ですが、動きにくいときにはマタニティ用やスポーツ用の大きめなサイズがオススメです。

また、きちんとソックスなども用意すると体を冷やす心配がなくなります。シューズは、滑りにくいものを選ぶこと重要です。美容や健康、赤ちゃんを元気に産むためにもフィットネスでの運動はオススメです。普段やらない運動を始めるとなると緊張してしまいますが、普段は選ばないような色の服装にチャレンジしてみるのもモチベーションを上げるための工夫です。

ウェアはインナーやシューズも含めて、自分のサイズにあった信頼できるメーカーのものを選ぶことが長くフィットネスを続けるためにも必要となります。

参考情報…フィットネスクラブ
Scroll To Top